シャトルの競合車・ライバル車のリスト

シャトルの競合車、ライバル車を立てて値引き交渉する

新車のシャトルを安く買おうと思ったら、シャトルと競合するライバル車を立てて、値引き交渉すると効果が高いです。

シャトルは5ナンバーサイズのステーションワゴンのカテゴリなので、同ジャンルの車種や価格とボディサイズが近い車種がライバル車として競合出来ます。


シャトルの競合車はコレ!

シャトルと競合するライバル車の一番手は、トヨタの「カローラフィールダー」です。

エンジンは同排気量の1500ccで、シャトル同様にハイブリッドの設定もあります。価格帯も近く、お互いにライバルとして意識している車種なので、シャトルと競合効果が高いでしょう。

 

次に日産のウィングロードと言いたい所ですが、ウイングロードはシャトルと排気量も価格も近いステーションワゴンとして、本来なら競合します。

しかしウイングロードは10年以上フルモデルチェンジをしていないので、シャトルと比べると商品力が弱いと言わざるをえません。

それはホンダのセールスさんも分かっているので、ウイングロードと競合させても「うちの方が新しく、燃費や安全性能が高い」などと言われ、ホンダのセールスさんがウイングロードとの価格競争に乗ってこないケースが多いです。

 

他には、ステーションワゴンタイプのボディではありませんが、シャトルと価格とボディサイズが近い2BOXタイプの車種が競合できます。

2BOXタイプの車種は、「トヨタ オーリス」「マツダ アクセラスポーツ」「スバル インプレッサスポーツ」があります。

SUVタイプですが、「スバル XV、XVハイブリッド」も競合できます。

 

ハイブリッドの「トヨタ プリウス」の一部グレードはシャトルハイブリッドと同等の価格帯なので、プリウスとも競合できますね。

以上のライバル車から、人気の車種を選んだり、本当にシャトルと迷っている車種を引き合いに出して、値引き交渉すると効果が高いでしょう。

 

ホンダカーズ店同士の競合も有効

シャトルを販売するホンダカーズ店には、経営する法人が異なるディーラーが複数存在します。それも同地域に複数点在している事があるので、ホンダカーズ店同士の競争があり、値引き競合しやすい環境にあります。

 

経営する法人を調べるには、ホンダのホームページからディーラーを検索すれば分かります。

ディーラー名は「ホンダカーズ○○▲▲店」となっていますが、○○の部分が社名なので○○の部分が異なっていれば、経営する法人が異なっている、と言う事が分かります。

社名が異なっているディーラー同士なら競合できるので、「別のホンダでは15万引きでしたけど、それよりも安くできますか?」と同士競合させる事が出来ます。

県が違えば、一部の地域を除いて基本は法人も変わるので、隣県に越境して他県のホンダカーズと地元のホンダカーズを競合させる事が出来ます。

 

※以下シャトルのライバル車です。中古車も検索できます。
シャトルの新車価格:169万~276万57円


新車価格 164万1600~253万6920円
カローラフィールダーの中古車を検索

 


新車価格 192万2400円~261万3600円
インプレッサスポーツの中古車を検索

 


新車価格 182万5200~331万200円
アクセラスポーツの中古車を検索

 


新車価格 165万4560 ~204万6600円
ウイングロードの中古車を検索

 

カローラスポーツ
新車価格 210万6000~268万9200円
カローラスポーツの中古車を検索

 


新車価格 249万9000~278万2500円
XVハイブリッドの中古車を検索

 


新車価格 251万8560~347万8680円
プリウスの中古車を検索

 


新車価格 256万5000~346万5720円
プリウスαの中古車を検索

 

PAGE TOP